民事・刑事訴訟における裁判資料のための証拠収集
各種証拠収集から目撃者や証人の捜し出し。
証拠とは?
調査過程の中で得られた情報の記録、調査報告書が証拠になります。
証拠の内容
証人捜しや発言内容による記録保持(音声テープやVTR)・状況証拠の収集。
現場の写真・映像撮影から事実の洗い出し確認。
進行形で犯罪が行われている場合など(例:嫌がらせ行為・ストーカー行為・他犯罪行為)
事実確認
張り込み・追跡調査により犯罪行為を全て調査し、その動向を映像や写真に収めます。
分刻みでの調査報告書を提出。
証人出廷などは調査員が承ります。
進行形の場合は証拠としても有力です。

勝訴する為の情報収集、短期間での証人や被害者の探し出し、被害(損害)の評価、

調査ではなく長期的に専門家の意見が必要な場合、個人とマインドセキュリティーとの顧問契約が可能です。

  
特定人物の刑事訴訟のための裁判証拠収集
嫌がらせしているのはあいつなんだけど・・・
犯人はわかっているのに証拠がない・・・
恋愛詐欺師なのに自由恋愛におきかえられてしまって・・・

犯人とはわかっているけど証拠がないという方、是非ご相談下さい。
※無実の人に対し刑事事件に誘導する行為や何らかの方法で工作し立件する行為は一切行っておりません。
※ご依頼者様の情報だけで、一方的に犯罪と認識し対象者(特定人物・相手)をマークすることはありません。

   
調査料金表(裁判証拠収集)
裁判証拠収集は、交通事故から各種事件まで様々ですので、直接お問い合わせ下さい。
 
トップページへ