個人様へ
盗聴器・盗撮器は、秋葉原などの電気街やインターネットなどで年間40万個以上売られています。
仕掛けている人物で一番多いのが、異性の友人や恋人などです。
盗聴器検査(発見調査)される場合は、友人には相談せずに直接依頼されたほうが無難です。
その際には自宅電話を使わずに公衆電話や勤務先電話などでおかけ下さい。
電話盗聴の場合、仕掛けた人物に察知されて調査するころには取り外されてしまうというケースがあるからです。

たとえ仕掛けたのが知人だとしてもその盗聴電波を受信して聞いているのは不特定多数の可能性もあります。
盗聴受信器も誰にでも簡単に手に入れる事ができるからです。
その受信範囲は1mから500mまで、様々です。

また、発信器だけではなく受信器なども近くに隠されている場合もあり、その場合はテープに自動録音されていて、後日そのテープを仕掛けた本人が回収している場合もありますので、受信器の発見も合わせて行います。

法人様へ
会社内の更衣室やトイレの盗撮などから、会議室・社長室の盗聴などの社内犯罪が横行しています。
会社内での盗聴・盗撮器発見調査もお勧めします。

※違法に盗聴器・盗撮器を仕掛ける行為は一切行っておりません。あくまでも検査のみ(発見調査)です。

徹底的に室内各部・電話回線・室外に至るまで調査致します。

 
調査料金表(盗聴・盗撮器発見調査)
ワンルーム マンション・アパート ご相談
2DK〜2LDK 集合住宅 84,000円
3DK〜3LDK 集合住宅 105,000円
一軒家 4部屋まで 136,500円
会社施設内   面積による
車内 日本車の普通車 31,500円
 
トップページへ